北米旅行

Hola, amigos! Cuanto tiempo!
みなさん、こんちは!お久しぶりです!


28日に北米旅行から帰宅後、色々バタバタして日記書けませんでした。
いやぁ~ね、ホンマに楽しかったですよ。
でもね、ホンマに色々大変なこともあってね。
旅行なのか修行なのか的な局面が多々ありました!
でも、良い人生経験になったと思ってます☆

現地時間13日の夜にカナダのノバスコシア州のHalifaxに到着し、
留学中のバレー部で仲良かった友達の家に一泊!
夜にはバーも行ったりで楽しかった!
ま、前の日記に書いた通り、Torontoまでの飛行機が遅れて、
ダッシュで乗り換えしたけど、トランクは間に合わなかったという。。。涙
空港で、翌日タクシーで運んでくださいと頼んだので何とかなった♪

f0229680_2028185.jpg
バーの前のRyan















f0229680_2029249.jpg
日本で働いてる
って言ったら、
日本にない
ドリンクを色々と
作ってくれた♪
外国っぽい!!










14日の夕方にカナダの家族が迎えに来てくれて、19日までそこで過ごす。
学校の先生たちに会いに行ったり、
お世話になった友達にあったり、(でも、ほとんどの子が町をもう出てた)

f0229680_20313170.jpg
めいちゃんと
小学校行ったり、
散歩したり、













f0229680_2034244.jpg
ロブスターを食べたり、家族とまったりしたり・・・。













家が引っ越してたから町まで歩いて行けたのが素晴らしかった!
僕が留学してた時は、町まで歩けば3時間かかってたので・・・。涙

で、19日に、飛行機でオンタリオ州の知り合い(留学のホストのいとこにあたる)の家に行く。
Windsorというなかなかデカイ町。
そこで、2日間過ごす!

f0229680_20362011.jpg
いとこのKristynがレストランでバイトしてて、そこが超美人ぞろいやった!!












f0229680_20382969.jpg
家のプール!
近所の子も何人か遊びに来た!













で、21日に、13年前にステイしたオハイオ州の家族に会いに、いざアメリカへ!
といっても、Windsorから車で2時間という奇跡的な近さ。
Toledoという、オハイオ州の町まで送ってもらって、そこでアメリカの家族と落ち合うことに。


しかぁ~し!!!!


ここに悲劇が待っていた。
車で橋を渡ってアメリカ入りして、税関を通る時、「ESTA」っていう渡航認証システムが
必要になるねんね。短期滞在やからビザはとらんかったから。
で、それをちゃんと出発前にインターネットで申請して、プリントアウトして、パスポートと
一緒に持ってたんやけど、
ところどころ日本語やったのがあかんかったのか、
「偽造」って疑われて、変な個室に連れて行かれる。
Toledoで落ち合う予定やったから、オハイオの家族の住所も控えてなくて、
それに対しても「ホンマにオハイオに知り合いがおるんか?」とか、
「滞在は2日間です」言うたら「日本人の滞在で2日とか短すぎる」とか言われるし、
ボディチェックされるは、指紋とられるは、写真撮られるは、
おまけに13年前のホームステイの話や、留学の話まで詳細に聞かれるわ・・・。涙
知り合いの車もサーチされるわ・・・。涙涙 みんなかなりテンション下がってた。苦笑

ホンマ怖かった。

で、その後も色々あったんやけど、何とかアメリカ入りして、ホストファミリーに会えた!
facebookとかで連絡取り合ってたから、みんなの変わりようは知ってたけど、
それでも、13年ぶりの感動の再会!

オハイオに行って、家族とご飯食べに行ったらり、当時の友達とかにも会いに行ったり、
おじいちゃん・おばあちゃんにも会いに行ったり・・・。
短いながらに凄く楽しい時間を過ごしました!

f0229680_2040128.jpg
パパ、ママ以外はみんな成長してた!
ホストのKellyは今軍隊でイラクに行ってて、会えんかったのは残念。










f0229680_2046871.jpg
オハイオの家族は本当に田舎に住んでて、前の道は端っこが見えない。
ペットは馬2頭、犬1匹、ネコ8匹・・・。笑









で、23日に、翌日のTorontoからの飛行機のために、バスでカナダへ。

しか~し!!!

22日の晩にノバスコシアの留学中のママから、
「Torontoにバスで行くな。G20がやってって、色々面倒くさいことなってるから。」とメール。
「must not」って書いてたから、相当Torontoで降りたらあかんっぽい。


「・・・どうしたらいいの?なんでビビらすの?バスは明日よ?涙」  心で叫び、天を仰ぐ。


でも、結局バスのおり場の変更も出来ず、Torontoへのバスへ向かう。
客はやはり、飛行機とは違ってガラのよろしくない人たちがいっぱいで、恐怖。笑
今度はちゃんとTorontoで落ち合うホストブラザーの住所も控えて、
カナダ入国に必要な書類も全部英語で準備して、いざ税関へ!!笑

すんなり入国できた!!!
が、他の乗客でてこずってる人がいっぱいおって、バスは1時間以上遅れてTorontoに到着。
ま、これは想定内。


しか~し!!!
ここで、想定外のことが。

バス停まで迎えに来てくれるはずのホストブラザーが、
「タクシーでUnion Station駅まで行って、そっから電車でOakville駅まで来て。
そこで、拾うからとの電話。」

「・・・どうしたらいいの?ここは大都会Torontoのダウンタウンだよ?ジャングルより危険だよ?」
心で叫び、天を仰ぐ。

よりによって、つかまったタクシーの運転手がごっつイスラム系の人で、
「あ~、これぼったくられる」と覚悟する。
が、舐められないように「ここ1年ぶり」とか「Torontoの大学卒業した」とかウソをつく。笑
しかも、何か運転中に知らん言語で携帯で話始めるし、バリ怖かった!!


しか~も!!
「Union Station駅がG20にせいで閉鎖されてるから、Oakvilleまで送るよ。安くするよ。」
って言われて、諸見里ばりに「ちょいちょいちょいちょい!!」っと待ってもらう。
どうやらUnion Station駅が閉鎖されてるのは本当らしいけど、
この運転手にOakvilleまで連れて行かれたらいくらかかるか分からん。涙
ホストブラザーと相談し、横の駅までタクシーで連れて行ってもらう。
なんとか、無事MImico駅について、電車の切符を買う。
「次の電車はいつですか?」と聞くと、笑顔で「1時間後」という。


「も~いや。」

仕方なく待って、電車に乗りOakvilleでお兄ちゃんに会う。
留学中は大学生やって、めっちゃおもろいけど、一番ケンカもしたお兄ちゃんで、
今は警察官をしてる。
めっちゃ話して、バリ楽しかった!

f0229680_20433754.jpg
お兄ちゃん!














翌朝、お兄ちゃんの仕事の都合で、6時には空港に着き、9時の出発まで
お土産買ったり、まったりして、ゲート前で待つ。


しか~し!!!(・・・もう何も起こらないと信じてたのに。)

30分前に「成田への直行便が変更されて、カルガリー経由になりました」とアナウンスが入る。

「・・・え?なぜ今?」

カウンターに行って確認したら、ゲートも変更されたらしく、ホームアローンばりに
空港内をダッシュする。
何人か同じ巻き添えを食らった人がいて、グチりながら走る。(一人じゃなくて安心した)

で、飛行機に乗り、カルガリーを経由し、無事成田に到着。


あ~、なんちゅう旅や。
ホンマ大変なこともあったけど、スリルも味わえたし、色々勉強にもなったし、
何より、みんなに会えたし、良かったと思います!!
[PR]

by jun68_friend | 2010-07-01 19:51 | others  

<< 北米旅行のあと Trip to Canada! >>